ダイ・ヴァーノン

どうも!榎直人です!

今日はダイ・ヴァーノンというマジシャンを紹介いたします。

正直、紹介というのもおこがましいぐらい偉大なマジシャンであります。

Dai Vernon (1894-1992) 彼はカナダ生まれのマジシャンで、彼がいなかったら マジックの発展は100年遅れていたと言われているほどです。

実際、彼が考案したマジックは現代でもほとんど形を変えずに 演じられるほど完成されたものとなっています。 (僕自身、よく演じるものもあります)

そしてマジシャンにとってはとても有名な言葉も 残しています。

~~~~~~~~~~~~

"Be natural. What I mean by this is "be yourself."

「自然であれ」。 「自然であれ」というのは「あなた自身であれ」ということです。

~~~~~~~~~~~~

この言葉の意味は人によって様々な解釈があると思います。

マジックをやればやるほどこの言葉の意味が すごくよくわかってくる気がします。

マジックは不思議な事を起こすものです。 なのでそこには何かしらの抵抗(不自然さ)が生まれてしまいます。

不自然な行動をいかに自然に見せ、 何もしてないように見せるかが大事になってくるのです。

マジックを演じる者としてはとても大事な事がこの 言葉には詰まっているなぁ~と感じてしまう今日この頃です。

そんな言葉を残しているヴァーノンですが、 なんと彼は3歳からマジックを始めているんですね。

これだけでもすごいのですが こんな事も言っています。

「0歳から3歳の期間が惜しい」

意識高すぎ!!! そう突っ込まずにはいられません(笑)

やっぱり純粋に手品が好きだという気持ちが 彼をここまで偉大なマジシャンへと導いていったのでしょう。

当教室もヴァーノンに負けないくらい 手品を好きになってもらい、楽しんでもらう教室です。

楽しんでいるうちに気が付いたら上達している。 ぜひそんな体験をしていただけたらなと思います。