top of page

緊張して手が震えてしまう方へ


こんにちわ!榎直人です!

手品をやっていると、緊張のあまり手が震える事があります。今ではほとんどなくなりましたが、手品を始めたばかりの時は手先がプルプルと震えるのが自分でもよくわかりました。

まるで自分の手ではないような感覚に陥ってしまいますし、お客様側からも震えは見てわかりますのでとても恥ずかしかったりします。それまでの人生で手が勝手に震えるという体験をした事がなかったのでとても戸惑ったのを覚えています。

手品というエンターテインメントは「タネ」や「仕掛け」という秘密の部分が存在します。そこが他のエンターテインメントとは大きく違う部分です。ダンスなどで少しフリを間違えてしまっても素人目に見たら全部が全部失敗とはなりません。しかし手品は一部分でも失敗してしまった場合、最終的に不思議な事が起きず、素人目に見ても"失敗"になりうるのです。

タネがバレたらいけないとか失敗したらどうしようという思いが緊張を促します。すると交感神経が刺激され、心拍数や血圧が急上昇するため、手が震えてしまうみたいです。

前に某有名グループのダンサーさんがプロマジシャンにその場で手品を習ってメンバーに披露するというのをTVの企画でやっていました。いざ披露をする時、その方の手がTV画面越しにも震えているのがわかりました。何万人もの前でダンスパフォーマンスをしている人でも手品を披露する時は緊張をするのだなとすごく印象に残っています。それほど手品を演じる時の緊張感って少し異質なんですよね。

ではどのように手の震えに対応していくかというと、単純に練習をして自分は絶対に失敗をしないんだという自信をつける。またはたくさん人に見せて経験を積み、場馴れをしていく。という方法が一番です。これに勝る方法はありません。


しかし披露する直前でも実はちょっとした対策が立てられます。

「緊張によって交感神経が刺激され、心拍数や血圧が"急"上昇するため」

と、先ほど手が震える原因をお話しました。なので演技前から少し激しめの運動をする事で心拍数や血圧を事前に上げておき、演技の緊張による急上昇を抑える事で震えを回避するという方法もあります。

また、プロマジシャンにもあがり症の方は存在していて、その方は演技前に少しだけアルコールを摂取する事で心拍数や血圧をゆるやかに上昇させておくという話もされていました。飲みすぎたら手品どころではありませんがこれも手の震えを抑える方法としてはアリだと思います。

とにかく心拍数を事前に上げておくという事が大事なんですね。手の震えに悩んでいる方はぜひ試してみてください。

Kommentare


bottom of page