マジックブームのお話


どうも!榎直人です!

今日はマジックのブームのお話です。

TVでマジックが取り上げられたりする事ってありますよね。 色々なマジシャンが対決!みたいな特番があったり、 一人のマジシャンに注目した番組だったり、

1つのコーナーの中でマジシャンを呼んでみたり。

このメディアでのマジックの取り上げられ方ですが、 盛り上がっている時期と落ち着いている時期が交互に繰り返されています。

主にカリスマ性のあるマジシャンが一人出てくると盛り上がり始めます。

そうやって強いキャラクターだったり 素晴らしいテクニックをもったマジシャンに注目が 集まって、マジック自体に目が向けられてメディアで 扱われる量が増えていく。といった感じです。

番組検索などで「マジック」や「手品」と調べた時の 検索結果が全然違ってきます。

そして、TVで盛り上がっている時というのは アマチュアでやられている方としてもチャンスです。

プロマジシャンがTVに出演している頻度が高いという 事はそれだけ一般の方々も見ている回数が増えるわけです。

そんな中で、そのTVの向こう側でプロがやっている

手品と同じような事を手の届く距離で、目の前で見せてあげてみてください。

想像以上に驚き、感動してくれます。

言ってしまえばTVでやっている事は他人事です。 しかし目の前で見たらそれは自分事になってしまうのです。 だから驚きも倍増。

マジックが扱われる量が増えると目に見えてマジックを始める人が増えます。

それだと習得に時間がかかってしまい、できるようになった頃にはブームが…

なんて事になってしまいます。

なので落ち着いている時期から始めておく事をおすすめしています。

ブームがきたらすぐに披露できたら楽しいと思いませんか?

ぜひ手品に挑戦してみてください。